あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

変な事で羨んだりしてみたり

先月の入院では、途中からリハビリ病棟に移り、ベットの空きの関係か、たまたま同部屋の人が内科の病気の人達だったので、今までとは何となく違う雰囲気でした。

基本的に、たまたま同部屋になっているだけで、そして、お互い病気で具合悪いわけで、仲良くなったりする訳では無いので、誰となってもあんまり関係ないんだけどね。

ちょっと気づいたところだと、看護婦さんから定期的に聞かれる、体調の管理の方法が違うんだなぁとは、気づきました。

整形外科の入院の人が聞かれるのは、痛みや痺れの具合がどうかを、毎日、2回は聞かれて、内科の入院の人は、血糖や血圧、酸素などの具合を聞かれている様でした。

病人が他の病人を見て、羨ましがるのはどうかと思うけど、
整形外科の病棟にいると、歩く事に不自由をしているけど、座っているのは大丈夫な人が意外と多くて、歩くよりも座っているのが難しい僕は、座っていられるなら、上半身を使った作業ができるから、良いなぁと、思ったり、
リハビリ病棟で向かいだった人は、自由にスタスタ歩いてるし、売店にもしょっちゅう煎餅買いに行って食べてて、自由に身体が動かせていいなぁと思ってしまうけれど、透析で入院してるから、これからずっと透析を続けなくて行けなくなってしまって、それはとても大変なことでなかなか割り切れないものだと、横で先生が説得する話を聞くので分かったり。


先月の入院で、松葉杖から杖に歩行が戻って、これはいい事なんだけど、一体この症状は果たして治るものなのか、
治らないものは治らないとして、障害者として生活の目処を立てて貰って、残りの人生を、寝たきりで何か出来る幸せを探す方に向けて方が、楽しいのかもしれないも思ったり、そんなネガティブな方向に向かいがちな先月の入院でした。

昨日病院の外来に行ってきまして、次は今月の20日から入院の予定です。
それまでに、近所でいいので紅葉の写真を撮りたいですね。今日はあいにくの雨です。

久々にマインスイーパしました。f:id:adokenaikoto:20181109140900j:plain

課金の誘惑に負けた日

今年の初め頃から、「蒼焔の艦隊」というスマホシミュレーションゲームをしている。
https://www.soenkantai.com

シミュレーションと言っても、6つの艦艇で艦隊を作った後は、戦いはオートで進むので、艦艇のガチャと、その艦艇へ強力なパーツとクルーの配備、艦艇の強化が主な作業である。


かなり強い艦隊を作るためには、ガチャにより強い艦艇を引く必要があるが、今のところそこまでのレベルではないので、無料で配布される物によるガチャで、とりあえずいいかと思っている。

しかし、手に入れた艦艇を強化するパーツを手に入れるためには、イベントにて要求回数の出撃をこなさなくては行けない。

療養中であり、いくらでも時間があるので、何回も出撃を繰り返していたのだが、いくら暇だからといって、同じ作業をずっと繰り返しているのは飽きてくる。

そして、この同じ出撃は、課金をしてVIPランクが上がっていくと、連続5回出撃/日の回数を増やすことが出来るのだ。

無料でも1回は連続出撃できるので、それで満足していたのだが、こう何回も同じ作業をしていると嫌になってくる。

そして、身体が痺れてなかなか寝付けず、ひたすらゲームをし続けていた今週の深夜に、イライラして、ついに課金をしてしまった。スマホゲームへの初課金である。
f:id:adokenaikoto:20181027125927j:plain

ひたすら病院で横になっているだけの身の上でありながら、スマホゲームに課金をしまった罪深い私を許したまえ。(ृ ु‹:) ु

しかしその効果は、絶大で、一日に3回連続出撃できます。

課金すればするほど、ガチャだけでなく、有利にゲーム進められるんでしょうね。
もう課金しないよ。

衝動的にしないように、Playストアに登録してあるカードの情報削除しました。

尻尾が気になるニャー

松葉杖と車椅子の移動から、杖での移動に少し戻ったので、病院内を歩いたりしたいる。

病院の駐車場で黒と茶の野良猫を見つけたのだが、これがなかなか人懐こい。
茶色の方が人馴れしており、人が通るとニャオーンと声をかけてこっちを見てくる。

しばらく留まってニャオーンと会話をすると、近くによってきて、そして何故か後ろのお尻にあたりに背中をつけてスリスリしてくる。

茶色が近づいてくると、黒色も大丈夫かと思って、あとから近づいてくる。こちらも何故か、正面ではなくて、後ろのお尻の方に背中をスリスリしてくる。

撫でて欲しいのかと、撫でてみると、背中の方に回るので、自分で人に擦り付けたいが、撫でられたい訳では無いらしい。

彼が歩いている姿も写真に撮ったのだが、尻尾の位置が気になる。(指が写ってしまったが気にしないで欲しい )f:id:adokenaikoto:20181021173829j:plain

他の猫はどうだったかな~っと思い出してみるけど、たぶん、上を向いてはいなかったはず。
他の日に見かけた時も、同じように尻尾を上にして歩いていた。
そして、上を向いている尻尾の先は、また別の方向にクルットなっているのである。
何となく、尻尾に目がいく。食べ物を貰うために、一芸、披露してくれているのだろうか?謎である。

・今週の感じ
入院して、3週間が過ぎたところ。自分でも何回入院するんだろうろ呆れてしまうのだけれど、何回入院しても治らないのだから仕方がない。
同じ症状で何回も入院した人と話したことがあるので、そんな繰り返しの中から治る人もいるのだろうと、とりあえず試して見ている。

松葉杖から、杖に戻って歩いていると、上半身がとても気になる。
歩き始めた段階では、右足がカクカクしながらの歩きであり、左肩が上に右肩が下に傾いた形で歩く感じになる。
しばらくして右足のカクカクが落ち着いてくると、逆に右肩の先が不自然な程に内側に入り込む形で上に傾いた形での歩きとなり、右手が痺れてくると共に、右のお尻から下が痺れ始めてくる。
歩いた後は、右半身が痺れて傷んで、こんなんでは、とても元には戻るまいと、横になるしかない日々である。

テーピングにまけた(ृ ु‹:) ु

・テーピング
右半身が痺れて、右腰から右足にかけて力が入らない件について、どうやったら力が入るようになるか、
今週はテーピングで取り組んでみました。

筋肉をサポートするように貼られたテーピングの効果はなかなか的面で、いつもなら傾いてしまうはずの身体が、テーピングが引っかかってサポートしてくれるので、身体が引き締まって歩きやすくなります。

このまましばらくテーピングを貼ってしばらく過ごすことになったのですが、半日で痒くなりました。

人によっては、テーピングにまけてしまうらしく、痒くなったら剥がすように言われていたのですが、その通り痒くなりました。

痒くなって、肌が赤くなってしまったので、クリームを処方してもらって、塗り塗りしています。

上手くいかないですね。テーピングはかなりサポートしてくれるので、この状態で歩いて、歩くために必要な筋肉を動かしたり、真っ直ぐに歩く感覚を思い出したりしたかったのですが、結構痒くて、ずっとは無理なようです。残念。

f:id:adokenaikoto:20181013145950j:plain


・ฅ(´ω`)ฅ
病院の駐車場で、猫を見かけました。
猫見るの、久しぶりです。
茶色と黒色の2匹。茶色の方は細長い尻尾で、黒色は太い尻尾で、こちらを見て尻尾を上にあげて、尻尾の先だけくねらせて、楽しませてくれました。

靴底の高さを変えてみる

・入院
火曜日からまた入院してます。

右足の腰から下が痺れて、右半身が棒の様になっていて、松葉杖を使っても内股になってしか歩けないので、

足を前に真っ直ぐに出すにはどうしたら良いかと、サンダルに中敷を入れて、左右の高さを変えてみるとどうなるか試しています。

f:id:adokenaikoto:20181005102330j:plain

色々試したところ、左足のかかとのあたりを高くすると歩きやすくなるようで、黒いソールを2枚、左足のサンダルに挟んで歩いてみています。

・アトリエオンライン
アトリエシリーズ懐かしいですね。
たぶん、マリーとエリーのアトリエは遊んだと思います。材料を集めに山や川に行って、ものを作って、売って、そんな感じ。

インストールして始めたんだけど、何故か直ぐに飽きてしまって、時間はあるからずっとやっていたんだけど、もう少し気長にやろうと思います。

トイレから上手く立つには

先週ぐらいからか、かなり意識しないと、洋式トイレから立ち上がれなくなってきて、アレアレという所。

右半身の内側、右の腹筋に力が入らないので、真っ直ぐ斜め前に向かうのが難しい(´・~・`)。
左足で右斜め前に向かって、右の壁に向かって手を付いて立ち上がる方法で、対応している。

そして今週からは、上手く動いてくれない右半身が、突っ支い棒としても支えてくれず、部屋の中を立った姿勢で移動するのが上手くできない時があって、はって移動しているところ。

ちょっと立ち上がり方や、姿勢を色々変な形で傾けたりすると、立った姿勢になれたりするけど、大抵はトイレに行くんだし、はって行けばもういいやって感じ。

そんな感じで、Twitterもあんまり見る気分にならなくて、いいね貰ったりするけど、他の人のツイートたまにしか眺められてなくて申し訳ない。

生きているので、有難いのだけれど、今の状態(身体の痺れや不自由さに意識が取られてしまう)ってどうなんだろ。

来週、アトリエオンライン始まるらしいから、それをやって見るつもり。

ショボーンとした日記で申し訳ないけど、近況報告。

f:id:adokenaikoto:20180927135100j:plain

障害という病名について

・身体表現性障害
昨日は大学病院の精神科で、先週の脳神経内科で他の可能性として渡された病名が、どんなのかを聞きに行ってきました。

「身体表現性障害」という症状があるらしくて、内科、外科的に検査による明確な異常がないにも関わらず、痛みが長期間続くものとのこと。

他に、「転換性障害」と言うのもあるそうで、こちらは身体に力が入らないなどの、動かすための身体の機能の障害らしいです。

ただ、これらの精神科での治療は、身体的な異常、又は、治せる方法としての異常がない場合に取り組むらしく、現段階では整形外科での治療の可能性をまだ検討しているので、保留にしてきました。

過度のストレスなどにより、身体が実際に自分では動かせなくなったりとかあるらしいのですが、
身体が上手く動かなくなっている事がストレスになって困っているという逆の状態です。ヾ(・ω・`;)ノ

昨年から、色々と身体がおかしくなっている原因を探っていて、色々な病気の名前を聞いているのですが、

最近は、○○病では無くて、○○障害という名前を聞くことが増えまして、違う方向に向かっているのかなぁという感想です。

障害って?なんだろうって思って、言葉の検索をすると、
身体の器官や能力に不十分な点があること、という状態を指しているようですね。

去年大学病院で、診断書を書いてもらう時に、病名どうするかなと先生が考えていて、症状を書いた診断書になっていましたが、その段階ではまだ、原因の病気が判明する可能性があったかもしれませんね。

検査をして加療していけば治る、病気なのか、
それともその症状・障害を緩和させていく方に向けるのかで、
そろそろ後者に状況を移していく段階なのかもしれません。

・花瓶に花
f:id:adokenaikoto:20180907135947j:plain
部屋にある唯一の花瓶には、いつもお掃除モップのフワフワが花を咲かせています。
掃除しようと取り出すためには、反対の取っ手側が花瓶から出ている方が良いのですが、見た目的にはフワフワが上の方がいいですからね。