あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

一炊之夢

変な夢をよく見る

今朝のツイート見返すと、

(夢のメモ)人の話しているのが聞きたくなって、街中に出たら、今一つなので、どこかに行ってみようと、タクシーに乗って走ったらその運賃が7014円だったと言う夢を見た。

とあって、夢の内容をメモしている。

季節の変わり目など、良く夢を見るのだけど、その内容があまりにも変な時は、起きてしばらくしても夢の内容を覚えていたりする。

今朝の夢をもう少し詳しく書くと、

時は学生時代に戻っている。その時の友人のI川君と、北京餃子でご飯を食べていると、彼が色々と考えて生きていることに、そうでない自分(現在の自分)がなんだかモヤモヤしてきて、どこかに行きたくなってタクシーに乗る。

タクシーで走ってもらうと、田んぼや畑の田園風景の郊外に出て、さらにしばらく走ると、何故か温泉施設(大きい規模の)の立体駐車場に到着し、その運賃が7014円だったという話。

 タクシーで7000円って、結構走ってる、40分ぐらいかな。夢に意味はないので、考えてもしょうがないけど、現状、そんな目的もなしに7000円もタクシーに使う余裕はない。

過去のツイートを遡ってみると、たまに見た夢をツイートしてる。

知り合いが久々に来るというので、当時の会っていた人で集まって、その内の1人が昔付き合っていた人で、結婚してたその人におめでとうを言って、その人の微妙な表情を見たあとに、四人ぐらいで昔のことを話していると、お互いの昔の思い出の記憶が違う事に気がついて、話をしているうちに、時計の針が見えて、いつの間にかに過去に遡っているという夢を見た。(2017.6.28)

今日は変な夢で、上戸〇さんに好みのお弁当を買ってくるというバイトの夢だった。(2016.1018)

2階建てアパートの一階真ん中、四畳半の和室に住んでいる夢を見ました。大家さんが遊びに来ていて、面白かった。(2015.2.7)

昨夜は、カマキリに変身できる能力を持つ夢をみました。変身してどうするのか、わからなかったです。(2014.12.8)

今日の夢は、傘を使って、ジャンプしながら飛んで家まで帰る夢だったのですが、方向音痴で、家と違う方向に、行ってしまって、たどり着きませんでした。(2014.9.2)

見返してみても、もう一度見たい夢は、四畳半の和室で楽しく暮らしている夢ぐらいかな(;^ω^)

人の夢とか覗けたら、面白いだろうね。

f:id:adokenaikoto:20171022164646j:plain

アーケードゲーム

今日見た映画「ピクセル

夏ごろに民放で放送した気がするけど、その時見なかったので。

地球や人類の文化についての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。 

ピクセル (吹替版)

 パックマンは、ファミコンでやったけど、ちょっと年代が違うのであまり興奮しなかったかも。もうちょっとだけ僕より上の年齢の人ならどうかな。でも、ゲームのキャラクターが出てくる以外は、ハリウッド的に敵を倒す話だし。。

 ゲームを題材にした話なら、テレビドラマの「ノーコン・キッド」の方がおすすめ。

2013年。渡辺礼治 (45)は、かつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、親友の木戸や憧れの女性高野との出会いを思い出していた。1983年、礼治の父親が実家で始めた「ゲームセンターわたなべ」には近所の子供たちはもちろん、仕事中のサラリーマンまで集まり大盛況。~ 1983年~2013年。3人はゲームと出会い、楽しんで、人生のさまざまな壁にぶつかりながら、時には悩み、時には喜び成長していく。

 ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ DVD-BOX

 商店街の一角にあるようなゲーセンが舞台になっていて、自分と似たような性質の主人公たちの話で、「ゼビウス」とか「ツインビー」とかは、かなり懐かしくて興奮してしまった。

小学校一年生の時に、同じクラスの人がファミコンを買ったので、その人の家に4人ぐらいで集まって(当時は珍しかったから、すぐ人が集まる)、スーパーマリオブラザーズを順番にやったんだよ。

自分の思うように、コントローラーを押してキャラが動かなくて。一番最初のクリボーでジャンプしたのにクリボーの前に落ちて死んでしまって自分の番が終わってしまった時なんて悲しかったね。

その頃は人見知りしたりとか、ストレスで人と話すのが嫌になったりしなかったんでしょうね。うちの家にファミコンが導入されたのは、小学校の6年生の時だから、かなり遅かった。