あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

「ただいま、ジャクリーン」を見て

腹話術

今朝は冷えましたね。布団の中で、朝から映画見てました。

「ただいま、ジャクリーン」

5歳のときバス事故によって天涯孤独の身となってしまった悟は、養護施設に預けられるが、ジャクリーンという人形と腹話術をすることで徐々に笑顔を取り戻していく……。13年後。一人暮らしをしている悟は、施設で一緒に育った恵美から、今年も施設で “喜劇王まつり”が行われることを聞く。恵美は悟に「腹話術で出演してほしい」と依頼。あまり乗り気ではない悟だったが、世話になった施設長の澄子の体調が良くないことを知り、およそ12年ぶりにジャクリーンと向き合うことになる……。

ただいま、ジャクリーン

内容は、腹話術人形ジャクリーンを含めたハートフルな話なんだけど、喜劇王まつりに向けて、腹話術を披露するために、染谷さん(悟)が練習を重ねていくシーンの掛け合いが面白い。

ジャクリーンの腹話術がご無沙汰になっていた悟くんが練習を始めるんだけど、そこからは、ジャクリーンの心の声と、染谷さんの声と、染谷さんの腹話術での声の、3人の掛け合いになっていく。地味にジャクリーンが毒舌。

染谷さんとジャクリーンが演技を披露する時など、染谷さんの顔がだんだん腹話術人形の顔に見えてくるほど、役にはまり込んでいた。特に、目の感じとか。

短い映画だったけど、なかなかに楽しめました。

腹話術は練習したことない。パペットの人形は、テレビで流行っていた時に買った気がするけど、何の人形だったか。。