あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

紅茶のティーバックの入れ物を変えてみた

病院

今日は病院の漢方内科へ。前回から飲み始めた漢方薬(疎経活血湯)は、ひと月ぐらい経たないと効果が分からないとのことで、引き続き同じ処方。

漢方薬は量がかさばる。無印良品のケースにさしてこんな感じ。うまくアレンジすれば、花の形になるかも。

f:id:adokenaikoto:20171108124446j:plain

薬で改善して欲しいと思っているけど、現状悪くなり続けているので、この方向(漢方薬・鍼治療)ではないのではという思いが頭から抜けきらず、病院の帰りに憂鬱になるのがここ一月ほどのパターン。

もちろん治ってほしいので、毎日三食食前にきちんと飲み、朝も薬を飲むのが目的で起きてます。

整形外科の受診早められないか、病院の相談窓口に相談してみたけど、予約がいっぱいで空きも出ないとのこと。

午後の紅茶

家に帰ってきて、コタツに入ったら、窓から日差しが入ってきて、無性に紅茶が飲みたくなった。

昔は、ルピシアで茶葉を買ってたけど、紅茶よりもほうじ茶を飲むようになってからは、ティーバックで簡単に済ませてる。

ティーバックが入ったジッパーを開けて一つ取り出して、ジッパーをプチプチ閉じて元に戻す。このジッパーの作業が面倒だと思い、中身をガラスの容器に入れ替えてみた。

f:id:adokenaikoto:20171108131036j:plain

ちょうどいいサイズ。このガラス瓶のキャラクター、なんとなく分かると思うけど、マヨネーズのキャラクター。

以前に、ガラス瓶に入ったマヨネーズを頂いたので、使い終わった後も何かに使えそうと取っておいたもの。部屋の中にちょっとこういうのがあると、気分が明るくなるよね。