あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

愛宕山横穴墓群

崖に開いた穴

(昨日の散歩の続き)今度は、いつもお参りに行くお地蔵様の川を挟んで対岸にある公園のあたりをぶらぶら。

川は渡れるような深さでないし、対岸に行くためには、かなり遠回りをしないといけないので、今まで足を踏み入れたことが無かった。

f:id:adokenaikoto:20171113155117j:plain

公園の崖に、何やら横穴が開いている。友人がどこかに説明の看板があったようなと、辺りを探してみるけれど、花火禁止の看板しかないので、家に帰ってから検索してみた。

wikipediaから)

横穴が作られたのは7世紀後半から8世紀初めとみられる。その頃陸奥国国府が置かれた郡山遺跡は約2キロメートル南東にあり、この国府や周辺の集落に住んだ人々が作ったのではないかと考えられている。
概して遺存状態が悪いので、副葬品の全貌はわからないが、これまでに鉄の刀、鉄の鏃、須恵器、土師器、ガラス玉が見つかっている。

 戦時中の防空壕跡かと思ったけれど、意外に歴史が古く、奈良から平安時代のものらしい。ずいぶん身近に、歴史を感じるものが残っている割には、特段の保存も整備もされておらず、勿体無いような。

散歩も誰かと歩くと、自分では行かないルートだったり、気付かないことに気付かされたりして、楽しいですね。

まだ芋煮会をしている人達が河原にいるんだけど、厚着をするような時期に日程を組むと、芋煮会によって燻された服は念入りに洗濯しなくてはいけないので、お勧めできない。

その他

相変わらず、上半身のバランスが、骨の周囲が軋むように良くない(先週からは首から肩までの背中が特に悪い)。色々動かして都合良くならないかと思っているけれど、そう都合よくはならないようだ。

来週の整形外科の診察開始まで、歩けなくなったり、風邪を引いたりしないように気を付けなくては。