あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

キャンプ場で動物は良く寝てる

レイアウト

どうぶつの森のゲームにもすっかり慣れて、横になってテレビに飽きた時に、やるぐらいに落ち着いてきた。

進んでくると、物を作るのに必要な材料が増えて、ゲームがテンポ良く進まなくなってくる。

無料のゲームなので、さくさく進めたい人はお金を払うという段階か。

キャンプ場のレイアウト画像がツイッターで流れてきて、これは!!って面白いのもあるけど、なかなかそう言うのは思いつかない。

とりあえず、どうぶつのゴロ寝場所としてのレイアウトでのんびりしてもらっている。

f:id:adokenaikoto:20171127140435p:plain

学生時代の終わりから社会人の始めにかけて、友人との間でアウトドア的な行動がブームになって、車に乗ってキャンプに出かける機会が何回かあった。

詳しい人がいなかったので、画像のようなのんびりした時間を持つことは殆ど出来ず、

観光した後、キャンプ場へと向かうようになってから、今日何を作るか、何を買ってくればいいかが始まり、

食事を作り始めるのは夕日が輝きだしてからで、食べる頃にはすっかり暗くなっているのが常だった。

唯一思い出に残っているのは、秋田の海側に出かけたとき、取ってきた貝類を道端で売っているおばちゃん達からサザエをゴロゴロと買ってきて、

薪の火で、網の上にのせたサザエに醤油を垂らして食べたのが、今でも覚えているキャンプでの料理の思い出。サザエを美味しいと思って食べたのはその時が初めてだった。

たぶん、秋田の男鹿半島だったと思う。