あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

敵に塩を送る

風邪引いた

今週の寒さは酷かった。もう20年も東北に住んでいるけど、ちょっと前が暖かかったからか、とてもしんどい。

凍っている路面を歩くのは、いつもと違う力の入り方になるし、すっかり消耗し、そして風邪を引いた。

木曜日の朝から、朝起きたら鼻水が出るようになって、昼頃から熱っぽくて、家に帰って測ったらちょっと熱もある。

翌日、ボーとしながら会社にいたけど、氷点下になると、会社の部屋の方が、アパートの部屋より快適。

会社は建物全体の空調なので、全体が暖かくなるけど、アパートの部屋は木造だから、エアコンをガンガンに効かせても、部屋の温度にムラができて、下半身が冷えるのに、顔が火照ってくる。

今も冷えピタ貼ってるけど、布団に入って寝るのが一番なんだろうね。

塩振ってみた

アパートの階段が、雪の後の溶けた水で凍ってしまい、危なくて困ったので、何とかどかそうと思った。

ネットで融雪剤を見たけど、考えることはみんな同じなので、安くてよさそうなのがなく、ネットで調べたら塩でも良いらしいので、塩振ってみた。

f:id:adokenaikoto:20180127163244j:plain

凍っている部分にシオシオ~と振ってみると、パキパキ氷から音がしてきて、これは期待できるのではと、100円分散らしてみた。

しかし翌日、階段を見てみたが、凍ったままである。

量が足りないのか、他から溶けた水が更に固まったのか、あまり意味なかった。

さいわい今日は晴れたので、陽の当たるところはだいぶ溶けた感じ。

他はしょうがないので、トンカチでガツガツ割って、通れる部分を確保したきた。

どうなんだろ。