あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

RIスペクト検査を受けてみた

昨日は病院に、脳のRI検査を受けに行ってきました。

RIスペクト検査は、静脈に薬剤を入れてその流れで、脳の機能の異常がないかを見る検査だそうです。

30分ぐらい前に、病院に行って、血圧を測り、リラックスする筋肉注射を15分ぐらい前に打って貰って、RI検査用の薬を腕の血管に入れてもらって始まりました。

検査の機械はCTの検査機械にアームで動く板が2枚追加された感じの機械。
始まる前に、目隠しをされるので、どんな感じで機械が動いているかは分かりませんでしたが、大きな音も、圧迫感もありませんし、MRI検査より遥かに快適でした。
時間は40分ぐらいと長かった。

検査で寝ている間に聞く音楽をCDで持ってきて良いとの事で、オカリナ奏者の宗次郎さんのCDを持っていきました。

だいぶ前から音楽は、携帯音楽プレイヤーで聴くようになったので、持っていたCDはエンコードして捨ててしまったのですが、たまたま違う場所に置いてあったらしく、捨てずに部屋に残っていました。
今は部屋にCDプレイヤーが無いので、本当に置いてあるだけですね( ̄▽ ̄;)
f:id:adokenaikoto:20180823142833j:plain

でも、ちょっと思い出があるものかもしれません。

大昔に東京で働いていた時、日比谷公園の噴水の近くの音楽堂で、オカリナの無料のコンサートを聴いたことがあります。

たまたま公園でお弁当を食べていたら、演奏が聞こえてきて、行ってみたらオカリナの演奏で、その演奏がとても澄んだメロディで、オカリナでこんなに澄んだ音を出すことが出来るのかと、驚いたものです。

オカリナを複数持ってきていて、少しオカリナという楽器の説明?もあった気がします。
結構その時感動して、後からオカリナの演奏のCDを買った、その時のCDがこれなんだと思うのですが、その時日比谷公園で演奏していたのが、宗次郎さんだったのかは、今となっては定かでないところです。無料でしたしね。

自分の持っているものでも、どんな時に買ったものか覚えてないものもあり、部屋の中にあるものの事を思い出しながら、日記に書いていくのは、
友人がブログを見てくれた時に自分の事を思い出してくれたりするかもしれないので、いいかもしれませんね。