あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

在宅ワーク求人検索(2)

クラウドワークの検索

前回の求人サイトの在宅ワーク検索に続き、今度は業務を個別に受注(請負)する、最近の言葉でいうクラウドワークの検索。

ツイッターで教えてもらったりして、そのうちの2つのサイトを覗いてみたところ。CrowdworksとLancersの2つ

分類としてはLancersの方が、仕事の分け方としては分かりやすいかな。

  1. システム開発・運用
  2. Web制作・Webデザイン
  3. デザイン制作
  4. ライティング・ネーミング
  5. タスク・作業
  6. マルチメディア
  7. 翻訳・通訳サービス
  8. ビジネス・事務・専門・その他

の8つ。そもそも仕事として出来るものがありそうなのは、そんなにないから、なんでもやってみるしかないよね。

そういう意味だと、そもそも可能性がありそうなのは、4.5.8ですね。

4.のライティングは、ブログの記事作成とか、何か指定された話題についての記事を書くもので、1文字¥らのものなどがありました。キーワードの話題について膨らませて書こうと思えば、ある程度馴染みのある範囲であれば書けるかもしれません。面白そうなところだと、ゲーム攻略の記事作成などありました。

5.のタスク・作業は、一定の分類に従うデータ入力などです。文字起こしなどもありました。元々事務職だったので、そこらへんは問題ない気がします。会議の録音の文字起こしなどもたまにありましたが、出たことない会議の文字起こしはしたことないので、いざやってみるとなると時間かかるかもしれません。

8.のビジネス・事務は、出来るのと出来ないのがありますが、5.のタスク・作業と被っている仕事がありますので、そのうちの、リサーチ・分析・解析、資料作成サポートなどは、事務職でやっている普通のことならできそうなのがありますね。

まあ、でも、そういった今の自分にできそうな作業を継続的に探していって受注し続けていっても、なかなか収入には結びつかないかもしれませんね。

学生の頃のアルバイトとしてなら、平日に見つけて受注して、土日に作業して、生活費の補填にするってのならありかもしれません。

働くってことから考えると、自分が受注するのは無理でしょうといった残りの1.2.3.6.7あたりが必要であって、

そのうちの制作とか開発とかは、ある程度会社や誰かの下でやってからでないと、勉強したりして何か出来るものが合っても、やり取りとかも分からないし、責任持って納品できる感じがしないですね。

7.の翻訳とかは、語学はハッキリ言って無理ですね。タスク・作業の方に入ってくるぐらいの翻訳でないと、たぶん出来ないです。

というようなことを検索して考えてました。

そういう事を色々考えたりしていると、自分の今まで働いてきた仕事って、何人か、あるいは何十人かが、別々の工程を経て作られるものの一部であって、一人で完結する仕事ってしてないので、何か出来ることって言われても、一人では何にも出来ないのかなって思ってしまいますね。

今度は、4.5.8の仕事の概要をもう少し見てみて、仕事としては、自分が何が具体的に出来そうかを、考えようと思います。

・冬でも花咲いてる。

GWの頃に絨毯になって咲く、芝桜だと思います。もう咲いていたりするんですね。

最近、この身体のままでも、とりあえず散歩するかっていう方向なので、今の千円の杖よりも、太さもグリップもしっかりした三千円の杖をネットで購入しました。

明日届くことになっているので、試していきます。

f:id:adokenaikoto:20190108155159j:plain