あどけないこと

~病気療養中のそれとない日常~

プールで歩いている

ブログを書くのは、かなりご無沙汰なところ。

去年の12月の末に病院を退院してから、どうやったら今の状態でより身体を動かせるようになるか、歩けるようになるかという事を色々やってみていた。

1月は杖を買い替えて家の近所を歩けるようにして、2月は時間をかけて距離を歩いていくうちに骨盤の左右がバランス良い位置にならないかと川の土手を歩いていた。

今年の冬は雪が積もらなかったので、杖をついて歩く状態の者にとってはありがたかった。ここまで雪が積もらない年は、仙台に来て20年で初めてかもしれない。

 そして3月になって、花粉がひどくなってきたので、プールへと再び通い始めた。

プールは浮力があるので、杖を使わなくても歩ける。けど進むためには、腕に力を入れてかくか、腰に力を入れて歩くかしなくては進まないので、かなり運動になる。

今日プールに行ったら、横でプール教室をしていて、そこでは水かきの付いた手袋をして運動をしていて、どんな感じになるのか気になった。安く手に入るなら試してみたいな。

プールへは一日おきに出かけて、行かない日は家で、プールで柔らかくなってきた身体のバランスをとる柔軟をしている。

そんな感じで、今年に入ってからを過ごしてきて、段々と身体の筋力は戻ってきたのだけれど、1月から段々整って来ていると感じていた体のバランスについては、2月から3月にかけては逆に悪くなってきている感じである。

なかなか難しいところ。

具体的には、肛門の上の骨のゴツっとした所と、その上の腰の辺りと、肩までつながる背骨と、肩から上の首までが、それぞれ左右のバランスがうまく取れずに偏ってしまい、左右の力と柔軟性が一致しない。平泳ぎすると、とても上手くないのが分かるよ。

病院の方は、2月まで去年までいた病院でリハビリ通院を続けていて、3月に紹介された隣の県の病院に行ってきて、そちらの方で見てもらうことになったので、4月に入院して検査を受ける予定。

なんだか最近、あまりに変化がなさすぎて、無気力になって来てるよね。。

f:id:adokenaikoto:20190325204133j:plain