あどけないこと

~日常の楽しみ方を探して~

船から見る海もきれい@松島湾

浦戸諸島

先月、散歩で塩釜に出かけた際に、浦戸諸島という離島に行く船が出ていることを知りました。

「離島」という響き、なんだかとても遠くに行くようで素敵ですね。

漂流、洞窟、メルクル、未知なる果物、不思議の島のフローネです。

 f:id:adokenaikoto:20201018214714j:plain

浦戸諸島」へは、「仙台駅」から仙石線で「本塩釜駅」まで約30分。

そこから10分ほど歩き、「マリンゲート塩釜」という旅客ターミナルから汽船に乗って、一番近い「桂島」までは20分になります。

浦戸諸島がどんな所かは、以下のページから。

宮城県松島湾にある「浦戸諸島(うらとしょとう)」。桂島(かつらしま)、野々島(ののしま)、寒風沢島(さぶさわじま)、朴島(ほうじま)の有人島と、馬放島、大森島など多くの無人島からなり、波によって侵食された奇岩と松林で構成された見事な景観が広がっています。のどかな集落があり、歴史と豊かな自然に培われてきた人々の暮らしが息づいています。

汽船に乗る

「マリンゲート塩釜」から「浦戸諸島」に行く汽船は、本数が多くないので、事前にスケジュールを決めておいたほうが良いです。

今回は、11:00塩竈発で、14:54に塩竈戻りを目標にしました。

浦戸諸島の島の間は、無料の渡し船があるので、まずは「桂島」までの片道切符を購入。

 f:id:adokenaikoto:20201019192418j:plain

浦戸諸島 - 塩竈市ホームページ

船に乗るの、実は25年ぶりなんです。

前に船に乗ったのは、高校の修学旅行。

「高校の修学旅行どこだった?」と聞かれて、「沖縄」と答えると羨ましがられるのですが、船でだったんですよ。

船で沖縄に行って帰ってくるという変わったプランで、沖縄での滞在は1泊のみ、他は船の上に片道3日ずつでした。

初めて船酔いを味わったせいか、沖縄での記憶、あんまりないです。

その時は、とても大きなクルーズ船でしたが、今回の船は90人乗り。

 f:id:adokenaikoto:20201018220719j:plain

ウイング?付きで速そうです。

海がキレイ

海って憧れます。

僕が生まれたのは、山に囲まれた福島の盆地の真ん中。

そして、実家の埼玉は、「海に憧れすぎて千葉の海からトンネルを掘ってる」(「翔んで埼玉」による)という程ですから。

 f:id:adokenaikoto:20201019191855j:plain

汽船が走り始めると、横に、後ろに、波が白い花を描いて広がっていきます。

窓からでも、海が太陽の光を受けてキラキラと光り輝いてるのが見えます。

 f:id:adokenaikoto:20201019192008j:plain

光の加減で暗くなってしまいましたが、巡視船を始めてみました。

宮城海上保安部 巡視船「くりこま」。カッコいい。

 f:id:adokenaikoto:20201019192049j:plain

そしてご当地ならではの、牡蠣の養殖場、かと思っていたのですが、牡蠣は筏の下に吊るすのが主流のようで、竿が連なるのは海苔の養殖場の風景だそうです。

 f:id:adokenaikoto:20201019192151j:plain

釣りの船もたくさん見かけました。

汽船が通ると波で結構揺れていましたが、怖くないのでしょうか。

以前、クルーズ船に載ったときには、遥か下の濃い海を眺めるか、地平線の向こうを眺めるかでしたが、小さい船だと、海面が近いので見ていて楽しいですね。

何処かに行くのでなくても、天気の良い日、ただ海の上を走る汽船に乗るだけで、楽しめると思います。
次回は、離島を探検します。

【あどけないこと】
  • 宮城県松島湾には、浦戸諸島という離島があって、マリンゲート塩釜から汽船が出ている。
  • 晴れた日には、ただ船に乗って海を眺めるだけで楽しめる。