あどけないこと

~日常の楽しみ方を探して~

みちのくの小京都ぶらぶら@角館

みちのくの小京都

久々に金曜日の出張だったので、そのまま現地に泊まって、翌日に秋田県の「角館」を観光してきました。

f:id:adokenaikoto:20210708161227j:plain

「角館」は、歴史ある武家屋敷の町並みが残り、「みちのくの小京都」と呼ばれているそうです。

江戸時代に角館のお殿様が、京都の公家の家から正室を迎えたので、多くの京文化が移入されたそうな。

この「小京都」と呼ばれる地域ですが、
小京都と呼ばれる地域と京都市が参加する全国京都会議なる団体があり、
以下のHPによると40地域もあるようです。

さすが歴史が長い京都、全国にブランドを広げていますね。

県内の岩出山と村田ぐらいしかまだ行ったことないな~

武家屋敷の町並み

角館駅を出てから、中心部に向かって15分ぐらい歩くと、木々で覆われた武家屋敷の町並みが見えてきます。

f:id:adokenaikoto:20210713153046j:plain

道の両側には、黒い武家屋敷の塀、立派な門構えの家、背が高く樹齢を感じさせる木など、江戸時代からの地割がそのままに、当時の建物が多く残されています。

木は枝垂れ桜、カエデなどが主で、春の桜と秋の紅葉の季節が一番賑わうそうです。

枝垂れ桜の枝が塀に垂れ下がっている姿には、風情を感じさせられます。

f:id:adokenaikoto:20210713153737j:plain

人力車も走っていました。

そして、この武家屋敷のうちの一つが、ゲーム「ドラクエウォーク」のランドマークになっていまして、久々におみやげ秋田県の置物」をゲット。

f:id:adokenaikoto:20210721093121p:plain

残念ながら、その後、天気が曇ってきまして、写真がいまひとつになりましたが、角館は、山に囲まれており、どこを見渡しても緑あふれるところでした。

f:id:adokenaikoto:20210713155459j:plain

柳家

武家屋敷のいくつかは一般公開されていて、料金を払うと中を見ることができます。

今回はそのうちの一つの「青柳家という武家屋敷に入ってみました。

f:id:adokenaikoto:20210713154845j:plain

柳家は上級武士の家で、3000坪の敷地となっています。

中の建屋には、江戸時代からの所蔵品など、多くの品物が展示されています。

f:id:adokenaikoto:20210713155132j:plain

江戸時代の甲冑、こういうの、好きな人はものすごく好きそう。

なお、衣装を着る体験もできるそうです。

f:id:adokenaikoto:20210713155240j:plain

槍を持ち上げる体験。

見た目では重さが分かりにくいですが、かなり重いです。

こんなのとても振り回したりはできない。。

解体新書

さて、この武家屋敷で気になったのは、

f:id:adokenaikoto:20210713155351j:plain

こちらの胸像の「小田野直武」さんという方。

この方、角館の人でありながら、「平賀源内」さんに西洋画を学び、歴史の教科書に出てきた「解体新書」の図版の原画を描いたそうです。

f:id:adokenaikoto:20210721100321j:plain

江戸時代は各地に関所があって、勝手に外に出ていくことができないはずなのに、どうやってそんな機会に?

解説によると、もともと武家の嗜みとして書画を学んでいたそうですが、平賀源内さんが鉱山の技術指導で角館を訪れたときに、見いだされて西洋絵画の技法を教えられ、その後、藩から「銅山方産物吟味役」というお役目をもらって江戸に行き、平賀源内さんの親友だった杉田玄白さんに頼まれたとか。

巡り合わせがすごいですね。

コレクション

その他にも青柳家には幾つかのコレクションがあり、まずまず角館旅行を楽しめました。

・銃と刀いろいろ

f:id:adokenaikoto:20210721101746j:plain

・カメラいろいろ

f:id:adokenaikoto:20210721101815j:plain

・蓄音機いろいろ

f:id:adokenaikoto:20210721101853j:plain

蓄音機も、単品で飾ってあるのはたまに目にしますが、集まっているのを見るのは初めてでした。
【あどけないこと】
  • 秋田県の「角館」は、「みちのくの小京都」と呼ばれ歴史ある武家屋敷の町並みが残っている。
  • 「解体新書」の図版の原画を描いた「小田野直武」さんは角館の方で、「青柳家」で資料を見ることができる。