あどけないこと

~日常の楽しみ方を探して~

魯迅先生 使った井戸 どこですか?(2)

もう一つの井戸

前回、魯迅先生が、仙台に留学していた時に使っていた井戸を探し始め、そして、「魯迅故居跡」にその井戸があることを見つけたところです。

 

しかし、ネットで調べる事が出来た以下のページによると、魯迅先生がそこに住んでいたのはわずか数ヶ月のことで、その後は別の下宿に移ったとあります。

HP:太宰治 魯迅調査のため仙台へ №2 魯迅下宿跡 : 遠い空の向こうへ

その下宿先は、「仙台市土樋1の4の16」にあったとあり、そして「現在は、当時の井戸が残されているだけ」という「太宰治 文学アルバム」(長篠康一郎)からの情報も掲載されていました。(図書館にて原本でも情報を確認済)

 

つまり、魯迅先生が使っていた井戸はもう一つある、ということです。

住所の場所は何処

その住所、仙台市土樋1の4の16」が何処なのかを知るために、地図を検索してみます。

まず「土樋」という地区は、仙台市青葉区若林区にまたがっていて、1丁目4番地に該当する場所があるのは青葉区の方(愛宕上杉通りを境に、海側が若林区で、山側が青葉区)。

そして、東北学院大学の土樋キャンパスの南西側の一角が4番地のようです。

 

そこから更に、4番地の「16」にあたる場所を探すために、地図を拡大していったのですが、「16」の記載がありません。

ネットには細かい所まで載っていないのかと思い、その4番地の現地を歩いて、一軒一軒の青い住所プレートを確認してみましたが、10・12・17・20だけで「16」の建物も、そして井戸も見つけられませんでした。

昔の地図

その井戸があったという「仙台市土樋1の4の16」の住所は、上記の本の出版年1982年当時の話の事なので、今は該当の場所がないのかもしれません。

そこで、昔の地図に当たってみるために、図書館のHPで仙台市の地図を検索してみると、その当時の地図は置いてあるようです。

 f:id:adokenaikoto:20201005184604j:plain

地図は禁貸出のため、図書館に来ましたが、さらに地図は書架が並んでいるところではなく、カウンターで申請して、目の前の机で閲覧させて貰う形なんですね。

目的の年代の地図も出して貰いましたが、この2番目の「最新番地入仙臺市明細地図」も気になって出して貰いました。(写真が撮れないので、状態がお見せできなくて残念)

これ、1918年の地図なんですが、写しではなくてなんと!原本でした。B4版サイズの紙が手帳サイズに折り畳まれていて、注意して広げないと千切れてしまいそうです。実際、折り目の周辺は裏が見える状態になっていました。

仙台市の街中が、時代劇の様に手書きで描かれており、裏面には、当時の建物の写真が印刷されています。大変貴重なものですね。

そしてその後、1970年代からのゼンリン住宅地図を開いて確認してみると、現在の仙台市青葉区1丁目4番地「17」の位置に、細長い家が横に並んで2軒あり、5番地との間の道路に面している方に「16」と記載されています。

誰の家なのかの、名字も記載されていますが、その建物は「空」として空き家になっているようでした。

今の現地の姿

さて、昔の地図で場所がわかったので、もう一度現在の「仙台市青葉区土樋1丁目4番地」に戻って確認します。

現在のこの場所には、写真の「第二米ケ袋シティハウス」という5階建てのマンション仙台市青葉区土樋1-4-17、築年:1982年)が建っています。

この角から右に向かう道に面している場所が、昔の「16」の該当箇所になるはずなので、現在は井戸は残っていません

 f:id:adokenaikoto:20201005184446j:plain

そして実は此処、井戸を探していた人に話しかけられた場所なんです。正確には、この写真の左奥に見えるマンション手前の、坂になってる辺りで話しかけられました。

どうやらその方が求めていたのは、2つ目の下宿の井戸であって、探していた場所は間違っていなかったようです。

もしも次、尋ねられる機会があったら、教えてあげられるはず・・・そんなピンポイントで尋ねられる機会はもう無い気がしますが。。

魯迅先生の仙台での資料

せっかくなので、仙台における魯迅先生の資料が他にもあるのか探してみると、泉図書館の郷土資料のコーナーに何冊かありました。

そのうち、「魯迅の仙台時代―魯迅の日本留学の研究(阿部兼也)」という資料が、魯迅先生の仙台における生活について詳しく記載されていました。

 f:id:adokenaikoto:20201005184732j:plain

この資料の311ページによると、最初の下宿屋が「佐藤屋」、今回調べた場所は、「大泉氏」の別邸を借り受けて下宿を開いていた「宮川宅」という所だったそうです。

そこは「住所は土樋158番地だが、あちこちにわき水があって、この辺り一帯は別名鹿子清水坂とも呼ばれていた。」とあり、今でもタクシーでこの辺に行くときは、土樋1丁目より「鹿子清水(かのこしみず)」の方が地名として通じています。

ただ残念ながら、わき水は無いようです。

もし魯迅先生の軌跡を辿って現地を訪れた際には、写真の地名にでも、当時の面影を感じて貰えれば幸いです。

 f:id:adokenaikoto:20201005184814p:plain

【あどけないこと】
  • 魯迅先生が仙台で過ごした下宿は2か所ある。
  • 1か所目は、「魯迅故居跡」(仙台市青葉区米ケ袋1丁目1-11)」にかつてあった「佐藤屋」。
  • 2か所目は、「第二米ケ袋シティハウス」(仙台市青葉区土樋1丁目4-17)にかつてあった「宮川宅」(当時は、土樋158)。
  • 2か所目について、1980年頃は井戸のみ残っていたが、現在は何も残っていない。

 

魯迅先生 使った井戸 どこですか?(1)

魯迅先生

以前、夕飯の買い出しに出かける途中、観光で訪れたであろう中国の方に、「魯迅先生 使った井戸 どこですか?」と、片言の日本語で尋ねられたことがあります。 

 f:id:adokenaikoto:20201005161537j:plain

魯迅先生とは、東北大学の片平キャンパスを通ったことのある人なら誰もが見たことのある、写真の胸像の人です。

普通、胸像というと肩から上の像で、顔は余程特徴がないと目立たないものですが、魯迅先生の像は胸周りから上の顔が大きいため、誰もが立ち止まって眺めます。

1904年秋、1人の中国人留学生が、医学の道を志し、東北大学の前身である「仙台医学専門学校」に入学しました。のちに『狂人日記』や『阿Q正伝』等の作品によって中国文学に新しい息吹を吹き込み、近代中国を代表する思想家として活躍した作家「魯迅」その人です。

魯迅先生の井戸

さて、話は井戸に戻って、その方から聞き出した所によると、「魯迅先生が仙台に住んでいた時に、使っていたと言う井戸が、この辺りにあるという資料を見たので、探しているのですが」と言うことでした。

ですが、この辺りを思い出してみても、井戸らしきものは見たことも、聞いたこともありません。

「すいません、ここら辺で井戸は見たことはないので、どこか違う場所ではないでしょうか」と話したけれど、「もう少し探してみます」とのことだったので、その方とはそれ切り別れてしまいました。

しかし、かつて使った井戸を探しているなんて、同じ井戸の水を飲んでみたいとか、それとも井戸の水を浴びてみたいとかでしょうか。

魯迅故居跡

そして、そのことは、すっかり忘れていましたけど、あれから5~6年経った今頃になって、その方が探していた井戸はもしかしてこれだったの?、という井戸を見かけました。

 f:id:adokenaikoto:20201005162948j:plain

この場所は、写真の石碑に「魯迅故居跡」とあるように、かつて魯迅さんが住んでいたという下宿(佐藤屋)があった所です。

この場所、以前に井戸の場所を聞かれた時は、まだその下宿の建物がそのまま残っていて、建物の奥に井戸があることは分かりませんでした。

東日本大震災で傾きかけたものの、なんとか残り続けていたのですが、令和になってふと前を歩いてみると、取り壊されて更地になって、写真の奥の井戸が見えるようになっていました。

そしてここは、井戸を尋ねられた場所からは幾らか離れたところになります。

「魯迅故居跡」(〒980-0813 宮城県仙台市青葉区米ケ袋1丁目1−1−11)。

(仮称)魯迅記念広場

なお、更地になったこの場所は、仙台市によると「(仮称)魯迅記念広場」として今年の秋頃から整備されるようです。

分かりづらいてすが、以下の完成イメージ図の中に「井戸(既存)」とあるので、井戸はそのまま残されるようです。

 f:id:adokenaikoto:20201005163420j:plain

街中だと、古い建物はすぐ建て替えられて、その片隅に石碑とか、○○跡等のプレートが残るだけになったりしますが、公園などで歴史的な人の軌跡が形を持って残されていくのは、良いですね。

さて、魯迅先生の井戸調査はこれで終わりかと思いきや、実は続きがあります。それは又の機会に。

【あどけないこと】
  • 仙台で魯迅先生が使っていた井戸は、現在の「魯迅故居跡」(〒980-0813 宮城県仙台市青葉区米ケ袋1丁目1−1−11)にあり、今後「(仮称)魯迅記念広場」として整備される予定。
 
 

はじめまして

日常の楽しみを探して

 f:id:adokenaikoto:20201005140121j:plain
歳を取ると、月日の過ぎるのが早く感じられるとか、1年があっという間に過ぎていくとか、そういう話があります。

30代中盤ぐらいまでは気にしてませんでしたが、40代に入ってからは、生活が落ち着いてしまったせいか、そう感じるようになってきました。 
他の人は、どうなのでしょう。

でも、歳をとっても毎日楽しそうな人はいますし、話す話題に事欠かない(自分がネタになるを含め)活動的な方も見かけます。

もう少し日常の中で、ふと気になってそのままにしている事を、ネットで調べたり、少し出かけて訪ねてみたり、話を聞いてみたり、そんな事をまとめて記事にして、同じ興味を持っている人に出会えたらいいなと思っています。

ちょっとした事からなので、脈略のない趣味の範囲になると思いますが、読んで頂けたら幸いです。どうよよろしくおねがいします。