あどけないこと

~日常の楽しみ方を探して~

半田屋と豚汁と私@愛宕橋店(1)

半田屋

半田屋」とは、「生まれた時から どんぶりめし」を掲げる、宮城県が生んだお腹いっぱい食べられる定食屋です。

f:id:adokenaikoto:20210101215550j:plain

学食の様に、セルフサービスで好きなもの選んで、レジへと運びます。

選べるおかずは多くありませんが、学食よりも安く、特に豚汁の美味しさには定評があります。

そんな半田屋を私が知ったのは、仙台に引っ越して住むことになった学生寮の先輩からです。

大学生の中で貧民である我々がお腹いっぱい食べられる定食屋は、「半田屋」である。

そして、うちの寮から一番近い半田屋愛宕橋にある。

ただし、めしの「大盛」は頼めない、「中盛」はよっぽどの時、通常は「小盛」で十分だと。

f:id:adokenaikoto:20210102162655j:plain

こちらは現在の半田屋のメニュー表ですが、20年前は「ミニ・小・中」の3択で、「大」の欄には「とても食べられません、中でじゅうぶんです」とありました。

実際のめしの盛りは、他よりワンサイズ大きいです。

閉店のお知らせ

そんな愛宕橋半田屋が閉店してしまうとのお知らせが、新型コロナウイルスの第3波が押し寄せる2020年の年の瀬にやってきました。

f:id:adokenaikoto:20210101213803j:plain

張り紙を見た時、いつもの年末年始の閉店時間のお知らせかと思いきや、なんと、「閉店のお知らせ」だった時の衝撃は忘れられません。

数年前に、東北電力本社近くの半田屋が閉店してしまった時も、お昼に豚汁が食べられなくなった事に涙を飲んだのに。

宮城県民のソウルフードである豚汁の味噌・豚の組み合わせは、山形県民の芋煮の醤油・牛の組み合わせと、毎年秋に河原で勢力争いを繰り広げていますね。)

またしてもこの仙台から、半田屋の灯火が一つ消えてしまうとは。

なお、半田屋は県内7店舗、全国で21店舗を展開しているので、他の場所では食べられます。

お勧めは、NHKの「ドキュメント72時間」に登場した「中田店」です。 

最後の日の店内

半田屋が閉店する12月20日、仙台の地は積雪が残り悲しみに暮れていました。

重たい足を引きずって最後の晩餐(昼食)へ。

f:id:adokenaikoto:20210101215305j:plain

 入口の扉を開けると、最後の日まで、「増量」「もっと食べろ」を押してきます。

f:id:adokenaikoto:20210101220022j:plain

店内には、こんなキャラクターが。

以前は「生まれた時から どんぶりめし」の標語を掲げて、子供がどんぶりで飯を頬張る写真がメインだったですが、無駄に時代に迎合して萌キャラアピールに。

f:id:adokenaikoto:20210101212636j:plain

最近は、若い店員さんもまれに見かけますが、基本おばちゃんしかいないですよね?

制服はバッチリ絵柄のとおりですが。

というか、このキャラクターについて以下のHPを見つけました。

苺と天使がごっつんこー☆宮城県仙台市を拠点に「伝説のアイドル」を目指すべく全国各地で活躍中!

裏で「腹黒(ゲスい)」「アラサー」何ていう人がいるけど、わけわかめ!二日後の筋肉痛はお友達!ピチピチボディでみんなのハートを撃ち抜くよ

ちょっと良く分からないのでスルーで。

店内は、ソーシャルディスタンス仕様になっています。

f:id:adokenaikoto:20210101221132j:plain

たまたま人が途切れた瞬間に写真を撮りましたが、普通にお客さんは入っていました。

ラスト定食

最後の食事は何にしましょうかね。

f:id:adokenaikoto:20210101221053j:plain

いつもの「メンチカツ・めし(並)・豚汁」約420円か、
王道の「カレーライス・豚汁」約450円か、
一点集中「カツ丼」オンリー約400円か。

難しいところです。

しかし、やはり豚汁を頼まないといけないので、

「おばちゃん、カレーライスと豚汁お願いします。」

「ごめんね~、豚汁売り切れちゃったのよ。」

なぬ~。

最後なのに、既に売り切れちゃったのか。

まだ閉店時間まで一時間半あるのに。

「じゃあ、カツ丼で。」

「カツ丼も売り切れちゃったよの~。」

ちょっと、もう、メンチカツも既に無かったし、最後の日なんだから「めし」だけじゃなくて、おかずも豚汁もたくさん用意しといてよ。。

f:id:adokenaikoto:20210101221145j:plain

店主は、こう言ってるのに。

むむむ、困ったぞ~と悩んでいるとおばちゃんが、

「チキンカツ丼ならあるよ~。」

とのこと。

f:id:adokenaikoto:20210102170659j:plain

これか。今月の特別メニューですね。

では豚汁と一緒に、と、豚汁は無いんでしたね。

「では、それでお願いします。(~_~;)」

「あいよ~。」

という事で、出てきたのがこちら。

f:id:adokenaikoto:20210102171234j:plain

美味しそうでしょう。

美味しいんですよ。

カツのあふれる肉汁はありませんが、チキンのジューシーな柔らかさがあります。

最後は、売上への貢献がいつもより減ってしまいましたね(笑)

さて、その後はぞくぞくお客さんが入って来たので、さっさと食べて出ました。

f:id:adokenaikoto:20210102172811j:plain

近所をぶらぶら散歩して、閉店時間に戻ってこようと考えていたのですが、寒くてトイレに行きたくなって家に帰ってしまいました。

最後、何かイベントなどあったのか、誰か知りませんか? 

【あどけないこと】
  • 半田屋は「生まれた時から どんぶりめし」を掲げる、宮城県発祥の定食屋。
  • 県内7店舗、全国に21店舗を展開している。
  • 愛宕橋店は、2020年12月20日をもって閉店した。
  • 半田屋の宣伝部長は、「大森杏子」というキャラクターらしい。

「ロウリュ」の「熱波」を浴びてみる@キュア国分町

ロウリュ

冬の寒い中、遠くに出かけたくはない、けれど、どこかには行きたい、ということで「ロウリュ」体験に行ってきました。

「ロウリュ」とは、wikiによると、

「ロウリュ」は、フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つである。
熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果がある。サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなどが加えられる。

とのこと。

日本ではこの「ロウリュ」に、ドイツから来た「アウフグース」という、立ち昇った蒸気をタオルなどで仰ぐ入浴法が取り入れられているようです。

キュア国分町

今回体験に行ってきたのは、「東北初 ロウリュ」を謳っている「キュア国分町さん。

サウナが充実したカプセルホテルです。

地下鉄南北線の「広瀬通駅」から歩いて10分強。

近くに目安となる「東北公済病院」がありますが、そこから細い路地に入るので、スマホのナビで出かけた方が良いです。

f:id:adokenaikoto:20201227224759j:plain

館内は、1階が受付、2~3階がカプセルホテル、4階がリクライニングスペース、5階がお風呂とサウナです。

受付で、館内着とタオルを受け取り、着替えてお風呂に向かいます。

お風呂は、露天と内風呂、水風呂、ドライサウナ、ミストサウナ、洗い場があり、壺湯が無いだけで、スーパー銭湯と変わらない感じ。

洗い場で身体を清め、露天風呂で体調を整え、ロウリュに望みます。

ロウリュ

この施設で「ロウリュ」が体験できる時間は、17:00と20:00(休日のみ)。

1回12人限定とのこと。

どんな感じに始まるのか分からなかいため、サウナ近くの椅子に座っていたところ、15分前ぐらいから裸の男が立ち始めたため、私も列に並びます。

タオルだけ持って、裸の男が列になって並ぶ光景は、なんだか不思議ですね。

前の人に習い、タオルを肩にかけ、腕組をして全裸待機します(笑)。

時間になり中に入ると、サウナは4段になっていました。

3人ずつ各列に座ります。

私は下から3段目の真ん中に陣取りました。

さて、いよいよ始まるに当たり、「ロウリュ」の説明ということで、担当者2人の自己紹介です。

「本日担当しますのは、○○と☓☓です。」と、「熱波」Tシャツを着た店員さんの紹介があると、参加者から一斉に拍手が。。

よろしくお願いしますってことでしょうか。

無理をしないこと等の説明がなされ、口の中に入れる氷が2個ずつ配られました。

「まずは、焼けた石の上に水をかけて、蒸気を発生させます。」

「サウナの温度90度ぐらいですが、体感温度100度ぐらいに感じるようになります。」

とのこと。

この日はアロマとしてミントの香りの蒸気でした。

(チョコミントは好きなんですが、ミントの香りは苦手です・・・)

さて、写真が撮れないので、実際どんな感じかは、キュア国分町さんが掲載している、こちらのYouTube動画を御覧ください。


キュア国分町 ロウリュ

熱波

大きくタオルを回して室内に蒸気が循環されると、「熱波」の時間です。

片方の人は大きな団扇で、もう片方の人は大きなタオルで、会場を半分ずつを担当して10回ずつ「熱波」を送るようです。

ここは両手を上に挙げて、全身で「熱波」を浴びましょう。

「熱波」が通ると、熱を帯びた風が送られてくるというだけでなく、熱の壁がものすごい勢いで自分を通り抜けていくような感じです。

顔だけでなく、全身が熱くなり、直ぐに汗がブワッと吹き出てきます。

10回って結構しんどいですね。5回でも良いかも。

それに、座る場所に失敗しました。

他の人に送る熱波の余波が来るのですが、真ん中の辺りにいると、両サイドの人向けの熱波と、下の段にいる人向けの熱波が来るんですよ。。

全員が終わると、ここで氷と冷やしタオル配布のクールダウンタイムがあり、さらに、もう10回ずつ全員に「熱波」が送られます。

もう汗だく(^_^;)

によってはこの10回を数える際に、手拍子が起こり、謎の一体感がさらに醸し出されるとのこと。

最後は、ありがとうございましたの拍手が起こり、我慢しきれない者から順に、というか、ほぼみんなが水風呂へと向かい、限界に達した身体を冷やします。

熱き戦いでした。

最初はこの後の20時の回にも参加しようと思っていたのですが、体力的にもう十分です。

リクライニングフロア

お風呂でリフレッシュした後は、リクライニングフロアで横になって、身体を休めます。

f:id:adokenaikoto:20201215205908j:plain

フロアの壁沿いが漫画棚でいっぱいでした。

テレビの前に積んでさぞ読みふけったのだろうと思いきや、身体が脱力していて、漫画をめくるものの、あまり進みませんでした。

エネルギー充電のため、横の食事処で夕食もいただきます。

f:id:adokenaikoto:20201215210240j:plain

なかなか豪勢。

味付けは濃い目で、サウナで汗を流した分、塩分も補給ですね。

冷たいものをイッキ飲みするとお腹壊しそうだったので頼みませんでしたが、サウナー御用達「オロポ」なるものが気になりました。

オロナミンCポカリスエットを混ぜて飲むのが、流行っているそうです。

サウナですっかり脱力したせいか、周りに人がいてもあまり気にならず、リクライニングチェアでたっぷり休めました。

サウナ施設は今まで、ガテン系の人が行くところというイメージから使ったことありませんでしたが、リフレッシュするのに良いかもしれません。

仙台市内だと他に、国道286号沿いの「やまびこの湯」や、六丁の目の「サンピア」でも「ロウリュウ」が開催されているそうです。

【あどけないこと】
  • 「ロウリュ」は、熱したサウナストーンに水をかけて、熱い水蒸気をサウナに発生させ発汗作用を促す入浴法。
  • この熱い蒸気をタオルで「熱波」として送るという、熱いイベントがある。
  • その後の水風呂と併せて、リフレッシュされること間違いなし。