あどけないこと

~日常の楽しみ方を探して~

魯迅先生 使った井戸 どこですか?(1)

魯迅先生

以前、夕飯の買い出しに出かける途中、観光で訪れたであろう中国の方に、「魯迅先生 使った井戸 どこですか?」と、片言の日本語で尋ねられたことがあります。 

 f:id:adokenaikoto:20201005161537j:plain

魯迅先生とは、東北大学の片平キャンパスを通ったことのある人なら誰もが見たことのある、写真の胸像の人です。

普通、胸像というと肩から上の像で、顔は余程特徴がないと目立たないものですが、魯迅先生の像は胸周りから上の顔が大きいため、誰もが立ち止まって眺めます。

1904年秋、1人の中国人留学生が、医学の道を志し、東北大学の前身である「仙台医学専門学校」に入学しました。のちに『狂人日記』や『阿Q正伝』等の作品によって中国文学に新しい息吹を吹き込み、近代中国を代表する思想家として活躍した作家「魯迅」その人です。

魯迅先生の井戸

さて、話は井戸に戻って、その方から聞き出した所によると、「魯迅先生が仙台に住んでいた時に、使っていたと言う井戸が、この辺りにあるという資料を見たので、探しているのですが」と言うことでした。

ですが、この辺りを思い出してみても、井戸らしきものは見たことも、聞いたこともありません。

「すいません、ここら辺で井戸は見たことはないので、どこか違う場所ではないでしょうか」と話したけれど、「もう少し探してみます」とのことだったので、その方とはそれ切り別れてしまいました。

しかし、かつて使った井戸を探しているなんて、同じ井戸の水を飲んでみたいとか、それとも井戸の水を浴びてみたいとかでしょうか。

魯迅故居跡

そして、そのことは、すっかり忘れていましたけど、あれから5~6年経った今頃になって、その方が探していた井戸はもしかしてこれだったの?、という井戸を見かけました。

 f:id:adokenaikoto:20201005162948j:plain

この場所は、写真の石碑に「魯迅故居跡」とあるように、かつて魯迅さんが住んでいたという下宿(佐藤屋)があった所です。

この場所、以前に井戸の場所を聞かれた時は、まだその下宿の建物がそのまま残っていて、建物の奥に井戸があることは分かりませんでした。

東日本大震災で傾きかけたものの、なんとか残り続けていたのですが、令和になってふと前を歩いてみると、取り壊されて更地になって、写真の奥の井戸が見えるようになっていました。

そしてここは、井戸を尋ねられた場所からは幾らか離れたところになります。

「魯迅故居跡」(〒980-0813 宮城県仙台市青葉区米ケ袋1丁目1−1−11)。

(仮称)魯迅記念広場

なお、更地になったこの場所は、仙台市によると「(仮称)魯迅記念広場」として今年の秋頃から整備されるようです。

分かりづらいてすが、以下の完成イメージ図の中に「井戸(既存)」とあるので、井戸はそのまま残されるようです。

 f:id:adokenaikoto:20201005163420j:plain

街中だと、古い建物はすぐ建て替えられて、その片隅に石碑とか、○○跡等のプレートが残るだけになったりしますが、公園などで歴史的な人の軌跡が形を持って残されていくのは、良いですね。

さて、魯迅先生の井戸調査はこれで終わりかと思いきや、実は続きがあります。それは又の機会に。

【あどけないこと】
  • 仙台で魯迅先生が使っていた井戸は、現在の「魯迅故居跡」(〒980-0813 宮城県仙台市青葉区米ケ袋1丁目1−1−11)にあり、今後「(仮称)魯迅記念広場」として整備される予定。